ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成23年3月24日
九州電力株式会社

「熊本市下水汚泥固形燃料化事業」への参画について


 当社は、電源開発株式会社(以下Jパワー)、月島機械株式会社、月島テクノメンテサービス株式会社、バイオコールプラントサービス株式会社と共同で、熊本市が公募した「下水汚泥固形燃料化事業」(以下本事業)の入札に参加しておりましたが、平成23年3月9日に落札し、本日、熊本市との間で基本契約を締結しました。

 本事業は、下水汚泥固形燃料化施設の設計・建設、維持管理・運営から燃料化物の石炭代替としての有効利用までを一貫体制で実施する九州初の下水汚泥燃料化リサイクル事業で、下水汚泥の資源化を促進すると共に、温室効果ガスの削減による地球温暖化防止に貢献するものです。今後は、平成25年3月末までに施設を設計・建設し、平成25年4月より燃料製造を開始する予定です。製造した燃料化物は、Jパワーの松浦火力発電所及び当社の松浦発電所において、石炭と混焼する予定です。

以上

添付ファイル PDFファイル (添付資料)「熊本市下水汚泥固形燃料化事業」の概要 (736KB)