ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成23年5月31日
九州電力株式会社

平成23年東北地方太平洋沖地震を踏まえた
玄海及び川内原子力発電所の耐震設計上考慮する必要がある断層に
該当する可能性の検討に当たって必要な情報の国への報告について

 当社は、平成23年4月28日、原子力安全・保安院からの「平成23年東北地方太平洋沖地震を踏まえた新耐震指針に照らした既設発電用原子炉施設等の耐震安全性の評価結果の報告に係る原子力安全・保安院における検討に際しての意見の追加への対応について」の指示に基づき、本日、同院へ報告書を提出しましたのでお知らせします。

【報告の概要】
 玄海及び川内原子力発電所周辺において、既往の調査に基づき活動性を否定している断層等に関する長さ、敷地からの距離及び活動性を否定した理由等の情報を整理し、報告した。

 なお、今回の報告は、東北地方太平洋沖地震に伴って、大きな地殻変動が観測されたことを踏まえ、原子力発電所の耐震設計上考慮する必要のある断層に該当する可能性の検討にあたって必要な情報を報告したものであり、今回の報告書等をもとに、今後、国により確認が進められるものです。

 今後も、今回の地震等に関する情報収集に努め、新たな知見については今後の評価に適切に反映してまいります。

以上