ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成23年10月3日
九州電力株式会社

定額電灯および公衆街路灯A等の10ワットまでの
料金区分の設定等に伴う認可について

 当社は、電気供給約款以外の供給条件として、「定額電灯および公衆街路灯A等の10ワットまでの電灯に適用する新たな料金区分」を設定するため、9月12日に経済産業大臣に対し、認可申請しておりましたが、本日、認可されましたのでお知らせします。
 また、併せて認可申請を行いました、上記料金区分に対応する太陽光発電促進付加金の追加についても認可されました。

定額電灯および公衆街路灯A等の新たな料金区分等

料金区分 電灯料金
定額電灯(注) 公衆街路灯A
10ワットまでの1灯につき 80円85銭 74円55銭

(注)電気供給約款附則5(農事用電灯のお客さまについての特別措置)を含みます。

 なお、上記料金区分に対応する太陽光発電促進付加金単価は、定額電灯、公衆街路灯Aともに、28銭です。

(実施期日)平成23年12月1日

【参考】定額電灯および公衆街路灯Aの料金区分ならびに電灯料金(電気供給約款)

料金区分 電灯料金
定額電灯 公衆街路灯A
20ワットまでの1灯につき 118円65銭 108円15銭
20ワットをこえ40ワットまでの1灯につき 195円30銭 176円40銭
40ワットをこえ60ワットまでの1灯につき 273円00銭 245円70銭
60ワットをこえ100ワットまでの1灯につき 426円30銭 382円20銭
100ワットをこえる1灯につき100ワットまでごとに 426円30銭 382円20銭

※今後、ホームページへの掲載、新たな料金区分の適用の可能性があるお客さまへのダイレクトメールの発送および自治体への個別説明等によるPRを実施します。

以上