ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成23年12月6日
九州電力株式会社

豪州イクシスLNGプロジェクトからのLNG購入に関する売買契約の締結について
 

 当社は、エネルギーセキュリティや地球環境問題の重要性が高まる中、環境負荷の少ないLNGを安定的に確保するため、長期契約を基本として、供給源の分散化、LNGサプライチェーン(生産・輸送・受入)への積極的関与に取り組んでおります。

 その取り組みの一環として、当社は本日、豪州イクシスLNGプロジェクト(以下「本プロジェクト」)からのLNG購入について、東京電力株式会社、東京ガス株式会社、関西電力株式会社、大阪ガス株式会社(以下「共同買主」)と共に、国際石油開発帝石株式会社グループ会社と仏トタールグループ会社の共同事業会社であるイクシスLNG社(以下「売主」)と売買契約を締結いたしました。

 本プロジェクトは、西豪州沖合鉱区のイクシスガス・コンデンセート田から産出される天然ガスを豪州北部準州ダーウィンに新たに建設されるプラントで精製・液化・販売するLNGプロジェクトであり、平成28年第4四半期から運転を開始する予定で、年間最大840万トンの生産を見込んでおります。

 当社は、日本へのLNG安定供給と石油・天然ガスの自主開発比率向上への貢献という本プロジェクトの意義に鑑み、本プロジェクトの円滑な立上げに寄与すべく、共同買主との間でコンソーシアムを形成し、協議を進めてまいりましたが、本日、売買契約の締結に至りました。

 これにより、当社は平成29年度から15年間にわたり年間30万トンのLNGを引取る予定です。今回の売買契約が当社のLNG安定調達に資するものと期待しております。

以上