ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成24年2月17日
九州電力株式会社

玄海及び川内原子力発電所電源線の送電鉄塔における
地震による基礎の安定性評価の報告について

 当社は、平成23年4月7日の宮城県沖地震における原子力発電所等での外部電源喪失事象を踏まえた、経済産業省からの指示文書「原子力発電所の外部電源の信頼性確保について(指示)」(平成23年4月15日)を受け、玄海及び川内原子力発電所の電源線の送電鉄塔における地震による基礎の安定性評価を取りまとめ、本日、国へ報告しました。

[報告内容]
 現地踏査により鉄塔敷地の周辺状況を確認した結果、玄海及び川内原子力発電所電源線の送電鉄塔における地震による基礎の安定性については問題ないと評価
(報告概要は別紙のとおり)

 当社としては、引き続き電力の安定供給に万全を期すように取り組んでまいります。

【参考】
1 国からの指示内容(抜粋)
 貴社原子力発電所の電源線の送電鉄塔について、耐震性、地震による基礎の安定性等に関して評価を行い、その結果に基づいて必要な補強等の対応を行うこと。

(平成23年4月15日経済産業省)

2 当社のこれまでの対応
 当社は、国からの指示内容に基づき、平成23年5月16日に「原子力発電所の外部電源の信頼性確保について(実施状況報告)」を国へ報告していました。
 この報告の中で、原子力発電所の電源線の送電線鉄塔で、鉄塔敷地周辺で土砂崩壊が懸念される大規模盛土や地すべりの危険性がある箇所などについて、基礎の安定性を再評価することとしていました。

(平成23年5月16日お知らせ済)

以上