ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成24年3月30日
九州電力株式会社

新小倉発電所 第4号機蒸気タービンの損傷原因及び復旧について

 新小倉発電所 第4号機は、3月6日(火曜日)発電機出力 60万kWで運転中、14時11分に蒸気タービンの非常停止装置が動作し、自動停止しました。
 点検の結果、非常調速装置を取り付けている軸が損傷していたため、損傷した軸を新製取替の上、3月31日(土曜日)に通常運転開始の見通しとなりましたので、お知らせ致します。

以上

[参考]
  • 新小倉発電所 第4号機の概要
所在地 福岡県北九州市小倉北区西港町64番地1
出力 60万kW
燃料 LNG(液化天然ガス)
営業運転開始 昭和54年6月1日
運転時間 約20万3千時間
起動回数 333回
添付ファイル PDFファイル (別紙)損傷箇所 (1,845KB)