ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

6月15日、東京で社長会見を行いました。
今夏の需給見通しについては、5月18日に発表した内容から変更はありません。
配布資料

平成24年6月15日
九州電力株式会社

今夏の需給見通しと対策について

1 今夏の需給見通しについて

 原子力発電所の運転停止が継続したまま、一昨年並みの猛暑となった場合、昨年並みの節電を見込んだとしても、7月~9月上旬にかけて、供給力が不足する見通しです。

【昨年並みの節電を見込んだ一昨年並み猛暑の場合の需給バランス】(発電端) (単位:万kW)
  7月 8月 9月上旬
時間最大電力 1,634 1,634 1,583
供給力 1,560 1,574 1,510
供給予備力
(予備率%)
マイナス75
マイナス4.6%)
マイナス60
マイナス3.7%)
マイナス74
マイナス4.6%)

〔上記に加え随時調整契約の発動による需要減(実効量24万kW)を見込んだ場合〕
供給予備力
(予備率%)
マイナス51
マイナス3.1%)
マイナス36
マイナス2.2%)
マイナス50
マイナス3.2%)
2 供給力対策について
(1) 現時点で織り込み済みの対策

 計画段階で対応可能なあらゆる供給力対策を織込んでいます。

  • 火力発電所の補修停止時期の調整
    • 新大分1号系列第1軸(10万kW)のガスタービン更新工事の延期など
  • 長期停止火力の再稼動
    • 平成23年度末に廃止予定だった苅田新2号(37.5万kW、経年40年)の運転再開〔平成24年6月8日運転再開〕
  • 緊急設置電源
    • 豊前発電所にディーゼル発電機(0.4万kW)を設置 〔平成24年7月設置予定〕
    • 離島の移動用発電設備(0.3万kW)の活用 〔平成24年7月設置予定〕
  • 他社からの受電等
    • 他電力会社からの計画的融通の受電:昼間45万kW、夜間101万kW
    • 自家発からの受電:昼間15万kW、夜間13万kW

(2) 更なる対策

 需給直前まで更なる供給力対策に取り組みます。

  • 他電力会社からの追加の電力融通受電
  • 電力取引市場からの電力調達
  • 戸畑共同火力株式会社、大分共同火力株式会社及び新日本製鐵株式会社様との電力受給契約の締結〔平成24年5月末〕
    • 上述3社との間において、当社の需給ひっ迫時、新日本製鐵株式会社様の受電枠に余力が生じた場合、その余力分を当社に供給していただく契約を締結※新日本製鐵株式会社様と当社が共同出資
  • 自家発所有のお客さま等に、出力増や当社への販売のお願いを継続
3 需要対策について
(1) 今夏の需要対策
  • 節電のご協力のお願い
    • 九州電力管内のお客さまに対し、需給ひっ迫が予想される7月2日から9月7日の平日(お盆期間8月13日から8月15日を除く)の9時から20時について、一昨年比マイナス10%程度以上の使用最大電力の節電をお願いしています。
      特に気温が高く電力需要がピークに達する時間帯(九州では13時から17時)において、重点的な節電をお願いしています。
  • 更なる需要抑制を目的とした料金メニュー
    • 夏季計画調整契約の拡充等〔調整電力(6月4日現在) 45万kW〕
      • 500kW以上のお客さま:新規お客さまへのコンサル及び調整電力の拡大要請
      • 500kW未満のお客さま:夏季計画調整契約を300kW以上へ適用拡大
    • 最大需要電力調整割引(新設)〔調整電力試算値 10万kW〕
      (6月12日申込状況 3万件/7万件)
    • 家庭向け新メニューの実証試験
      • ご家庭のお客さまを対象に仮想ピーク料金設定による負荷抑制効果の実証試験を7月~9月に実施。実証結果とお客さまニーズ等を踏まえ、ピーク抑制に資するメニューを今後、検討。
      〔モニター 1,000件〕
(2) 需給ひっ迫時の対応
  • 料金メニューによる負荷調整
    • スポット負荷調整契約(新設) 〔調整電力試算値  2万kW〕
      (コンサルティングを実施中)
    • 随時調整契約〔33万kW(実効値24万kW)〕
  • 緊急時の節電ご協力お願いメール(新設)
    • 節電にご協力いただけるお客さまに予め登録いただき、需給ひっ迫(供給予備率3%未満)が予想される約1時間前に、お客さまの携帯メールに「緊急時の節電ご協力お願いメール」を配信。不要不急の電気のご使用を抑制いただくもの。
    • 登録件数に応じて当社から東日本大震災被災地へ寄付(100円/件)
以上