ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成24年8月20日
九州電力株式会社

苅田発電所 新第2号機の出力抑制について

 苅田発電所新第2号機は、8月17日(金曜日)発電機出力37.5万kWで運転中のところ、8時21分、低圧燃料油ポンプ2台(合計3台:通常2台運転、1台予備機)のうち1台に電流上昇と振動・異音が認められたため停止し、予備機に切り替えました。その後、予備機も同様の現象が確認されたため停止し、ポンプが1台運転となったことから、同日18時23分より出力を約19万kWに抑制しました。
 今後、早急に修理を実施してまいりますが、復旧には10日程度かかる見込みです。
 なお、今回の出力抑制に伴う供給支障は発生しておりません。
 ※低圧燃料油ポンプとは、燃料油タンクの燃料をボイラーへ送るためのポンプ

以上

[参考]
  • 苅田発電所 新第2号機の概要
所在地 福岡県京都郡苅田町大字長浜町1番地1
定格出力 37.5万kW(発電所総出力 新第1、2号機:73.5万kW)
燃料 重油
営業運転開始 昭和47年4月27日
(長期停止期間:昭和62年4月~平成4年6月〔5年3ヶ月〕、
平成21年12月~平成24年6月〔2年7ヶ月〕)
運転時間 約72千時間
起動回数 186回