ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成24年8月21日
九州電力株式会社

新小倉発電所第5号機の運転再停止について

 新小倉発電所第5号機(定格出力:60万kW)は、ボイラーの管の点検・修理を行い、本日8月21日(火曜日)7時に通常運転を開始しておりましたが、出力約60万kWで運転中、8時45分に前回損傷箇所とは異なる2本の管(チューブ)からの蒸気漏洩(チューブリーク)を確認したため、同日10時32分に運転を再度停止しました。
 今回の停止を受け、ボイラーの詳細点検を実施してまいります。
 なお、今回の運転停止に伴う供給支障は発生しておりません。

以上

[参考]
  • 新小倉発電所 第5号機の概要
所在地 福岡県北九州市小倉北区西港町64番地1
定格出力 60万kW(発電所総出力 第3~5号機:180万kW)
燃料 LNG
営業運転開始 昭和58年7月1日
運転時間 約20万6千時間
起動回数 743回

  • 本日(8月21日)の需給の状況
  新小倉5号機停止前 右矢印 新小倉5号機停止後
予想最大電力 [万kW] 1,490 1,490
ピーク時供給力 [万kW] 1,723 1,663
供給予備力 [万kW]
(予備率)
233
(15.6%)
173
(11.6%)
予想使用率 [%] 86% 90%
8月21日 7時時点のでんき予報