ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
 

平成24年9月7日
 各位
会社名 九州電力株式会社
代表者名 代表取締役社長 瓜生 道明
(コード番号 9508 東証第一部・大証第一部・福証) 
問合せ先   業務本部決算グループ長 田中 正勝
(電話番号 092-761-3031)


業績予想及び配当予想に関するお知らせ

 平成24年7月31日に公表いたしました「平成25年3月期第1四半期決算短信」において未定としておりました平成25年3月期第2四半期(累計)業績予想(連結及び個別)及び中間配当予想について、下記のとおりお知らせいたします。

1 業績予想について

(1) 平成25年3月期第2四半期(累計) 連結業績予想数値
(平成24年4月1日~平成24年9月30日)
  売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益 1株当たり
四半期純利益
前回発表予想(A) 百万円
百万円
百万円
百万円
円 銭
今回発表予想(B) 760,000 マイナス155,000 マイナス170,000 マイナス165,000 マイナス348.88
増減額(B-A)
増減率(%)
(ご参考)
前期第2四半期実績
(平成24年3月期
第2四半期)
742,261 マイナス7,273 マイナス19,048 マイナス13,313 マイナス28.15


(2) 平成25年3月期第2四半期(累計) 個別業績予想数値
(平成24年4月1日~平成24年9月30日)
  売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益 1株当たり
四半期純利益
前回発表予想(A) 百万円
百万円
百万円
百万円
円 銭
今回発表予想(B) 715,000 マイナス155,000 マイナス170,000 マイナス165,000 マイナス348.66
増減額(B-A)
増減率(%)
(ご参考)
前期第2四半期実績
(平成24年3月期
第2四半期)
695,687 マイナス12,475 マイナス26,707 マイナス18,461 マイナス39.01

(3) 公表の理由及び連結業績予想に関する定性的情報

 平成25年3月期第2四半期(累計)の業績予想について、上半期の需給動向等の見通しを踏まえ予想値を算出しましたので、公表いたします。
 売上高は、電気事業において、販売電力量の減少はありますが、燃料費調整の影響による料金単価の上昇などにより、前年同四半期を上回る見通しです。経常損益及び四半期純損益は、電気事業において、原子力発電所の運転停止の影響による火力燃料費や購入電力料の増加などにより、前年同四半期に比べ赤字幅が拡大する見通しです。
 なお、通期の業績予想については、原子力発電所の運転再開時期が不透明な状況であり、下半期の需給動向が見通せないことから、未定としております。今後、業績予想が可能となった時点で、速やかにお知らせします。

(参考)平成25年3月期第2四半期(累計)業績予想の主要諸元
販売電力量419億kWh(前年同四半期比マイナス2.5%)、原油CIF価格118$/b、為替レート80円/$、原子力設備利用率-%

2.配当予想について

(1) 平成25年3月期 配当予想
  年間配当金(円)
基準日 第2四半期末 期末 合計
前回発表予想 (未定) (未定) (未定)
今回発表予想 0.00円 (未定) (未定)
当期実績
前期実績
(平成24年3月期)
30.00円 20.00円 50.00円


(2) 公表の理由及び配当予想に関する定性的情報

 配当につきましては、安定配当の維持を基本として、業績などを総合的に勘案し、決定することとしております。
 しかしながら、当年度の業績につきましては、第2四半期(累計)で大幅な純損失を予想しており、年度を通しても厳しい収支が続く見込みであります。
 こうした状況を踏まえ、中間配当につきましては、無配とさせていただく予定です。
 なお、期末の配当につきましては、今後、通期の業績予想が可能となった時点で、速やかにお知らせします。

上記の予想は本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、今後様々な要因によって予想数値と異なる場合があります。


以上