ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成26年2月20日
九州電力株式会社

豊前発電所1号機 ボイラー給水ポンプ停止に伴う出力低下について

 豊前発電所1号機(石油:50万kW)は、2月20日(木曜日)8時13分に、発電機出力37.5万kWでボイラー給水ポンプ(合計3台:通常運転用2台、起動用1台)の通常運転用2台で運転中、うち1台が自動停止し、出力が25万kWまで低下しました。
 現在、原因究明のため同ポンプの点検をおこなっており、全力で復旧を目指してまいります。
 なお、起動用の給水ポンプを使用することで、出力37.5万kWまでの運転は可能です。

 今回の不具合に伴う需給上の大きな影響は発生しておりませんが、引き続き節電に御協力いただきますよう、何とぞよろしくお願い申し上げます。

以上

〔参考〕

豊前発電所1号機の概要

所在地 福岡県豊前市大字八屋2643-9
定格出力 50万kW(発電所総出力 1、2号機:100万kW)
燃料 石油
営業運転開始 昭和52年12月9日
運転時間 約11万4千時間
起動回数 481回