ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成26年5月16日
九州電力株式会社

今夏における節電ご協力のお願いについて

 日頃より節電にご協力いただき、誠にありがとうございます。

 今夏の電力需給については、原子力の再稼働がなく、電源開発株式会社松浦火力2号機の運転再開が見込めない場合、平成25年度並みの猛暑を前提とした最大電力需要に対して、中部電力以西の電力各社からの応援融通受電等に加え、周波数変換装置を通じた東地域からの応援融通を予め織り込むことで、電力の安定供給に最低限必要な予備力(予備率3%)を何とか確保できる見通しですが、昨夏より大幅に厳しい需給状況となることが予想されます。

 当社を含む全国の需給見通しについては、国の「電力需給検証小委員会」において検証され、その結果、本日、国から、当社管内のお客さまに対し、「数値目標を伴わない節電(無理のない範囲での節電)」を要請する方針が示されました。

 これらを踏まえ、お客さまには、少なくとも、昨夏お取組みいただいた節電を目安に、生活・健康や生産・経済活動に支障のない範囲で可能な限り、節電にご協力いただきますようお願いいたします。


[節電にご協力いただきたい期間・時間帯]
・期間: 平成26年7月1日(火曜日)~9月30日(火曜日)の平日
(お盆期間8月13日(水曜日)~8月15日(金曜日)を除く)
・時間帯: 9時~20時

 特に、猛暑日となることが予想される場合などには、体調に十分ご留意の上、今一度、お客さまの身の回りで出来る節電をご確認いただき、一層の節電(空調の一時停止、照明の消灯等)へのご協力をお願いいたします。
 当社としましても、他社や市場からの追加の電力調達等のあらゆる需給両面の対策に取組んでまいります。

 また、電力の安定供給を維持するためにも、原子力発電所の再稼働に向けて、原子力規制委員会による適合性審査に対して真摯かつ精力的に対応するとともに、原子力発電所の更なる安全性・信頼性の向上、お客さまや地域の皆さまへのご説明など、事業者として出来ることを最大限おこなってまいります。

 お客さまにおかれましては、ご不便とご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、今夏におきましても、節電へのご協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。

以上