ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成26年11月27日
九州電力株式会社
九州通信ネットワーク株式会社

光ファイバ心線貸し事業等の移管について

 九州電力株式会社(以下、九州電力)と同社の子会社である九州通信ネットワーク株式会社(以下、QTNet)は、経営資源の集中化によるグループ全体としての効率的な事業運営を行うため、九州電力の光ファイバ心線貸し事業等をQTNetへ移管することとし、平成26年5月16日に基本合意書を締結しておりましたが、本日、正式に吸収分割契約書及び資産売買に関する契約書を締結いたしましたので、お知らせいたします。

 なお、平成26年8月28日にお知らせしておりました株式交換によるQTNetの完全子会社化については、予定どおり同年11月14日に完了いたしました。

移管の方法
   光ファイバ心線貸し事業及び関連する光ファイバ設備は、会社分割※1によりQTNetへ移管します。ただし、光ファイバ設備のうちQTNet利用分は、別途、資産売買※2に関する契約によりQTNetへ売却します。
 なお、移管する設備については、会社分割・売買実施日の前日までの変動を反映させた上で確定する予定です。

※1 会社分割の要旨

(1)  分割する事業の内容
   光ファイバ心線貸し事業及び関連する光ファイバ設備(QTNet利用分を除く)
(2)  分割の方式
   九州電力を分割会社、QTNetを承継会社とする吸収分割です。
(3)  分割に係る割当ての内容
   QTNetは、承継する資産等の対価として普通株式9,600株を新たに発行し、その全部を九州電力に割当てます。
(4)  QTNetが承継する権利義務
   九州電力は、効力発生日における分割する事業に関する資産(約330億円)及びこれに付随する一切の権利義務並びに契約をQTNetへ承継いたします。なお、QTNetは、負債及び上記事業に従事する九州電力の従業員との間の労働契約は承継いたしません。

※2 資産売買の要旨

(1)  対象設備
   光ファイバ設備のうちQTNet利用分
(2)  設備価額
   約170億円

移管の日程
 
・会社分割・売買契約承認取締役会 :平成26年11月27日
・会社分割・売買契約締結 :平成26年11月27日
・会社分割契約承認株主総会(QTNet※3 :平成26年12月12日(予定)
・会社分割・売買実施予定日(効力発生日) :平成27年3月1日(予定)

※3 会社法第784条第3項(簡易吸収分割)の規定により、九州電力は会社分割契約承認株主総会を開催しない。

〔参考〕当事会社の概要(平成26年9月30日現在)

九州電力 QTNet
(1)商号 九州電力株式会社 九州通信ネットワーク株式会社
(2)事業内容 電気事業 等 電気通信事業 等
(3)設立年月日 昭和26年5月1日 昭和62年7月1日
(4)本店所在地 福岡市中央区渡辺通二丁目1番82号 福岡市中央区天神一丁目12番20号
(5)代表者 代表取締役社長 瓜生 道明 代表取締役社長 秋吉 廣行
(6)資本金 237,304百万円 22,020百万円
(7)主な株主
(持株比率)
明治安田生命保険相互会社 (4.83%)
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) (4.43%)
日本生命保険相互会社 (3.11%)
高知信用金庫 (3.08%)
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) (2.73%)
九栄会 (2.11%)

九州電力株式会社※4 (100.0%)

※4 九州電力は平成26年11月14日にQTNetの完全親会社となりました。

以上