ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成27年1月7日
九州電力株式会社

山川地熱発電所の通常運転復帰について

 鹿児島県指宿市の山川地熱発電所は、出力1万4千kWで運転中のところ、1月6日(火曜日)8時14分に、復水器内の水位が上昇したことにより、自動停止しました。(1月6日お知らせ済み)

 その後、点検をおこなった結果、復水器の水位検出用配管の継ぎ手部から空気を吸込んだことが原因で水位制御に不調が生じ、水位上昇に至ったことが判明しました。

 空気の吸込み箇所の修理を行い、1月7日(水曜日)3時18分に通常運転に復帰しましたのでお知らせします。

 ※復水器:タービンで使用された蒸気を冷却水で凝縮させるための装置

以上

〔参考〕

山川やまがわ地熱発電所の概要

所在地 鹿児島県かごしまけん指宿市いぶすきし山川やまがわ小川おがわ2303番地
定格出力 25,960kW
営業運転開始 平成7年3月
運転時間 164,862時間