ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成27年3月27日

出光興産株式会社
九州電力株式会社
東京ガス株式会社

石炭火力発電所共同開発検討の合意について

 出光興産株式会社(代表取締役社長:月岡 隆)、九州電力株式会社(代表取締役社長:瓜生 道明)、ならびに東京ガス株式会社(代表取締役社長:広瀬 道明)は、三社共同での石炭火力発電所開発に向けた検討を進めることに合意しましたのでお知らせ致します。このため、本年5月を目途に、特別目的会社(SPC)を設立する予定です。

 三社は、電力小売の全面自由化を踏まえ、それぞれの持つバリューチェーンなどの強みを生かし、より安全、安定的、安価な電力供給を実現することで、エネルギー企業として社会的要望やご期待にお応えしてまいります。また、環境対策にも最善を尽くし、地元地域経済に貢献してまいります。

【設立会社の概要】
会社名 (仮称)株式会社千葉袖ケ浦パワー
本店所在地 千葉県袖ケ浦市
設立日 2015年5月予定
役員 三社から取締役派遣
設立時資本 9.96億円(資本金 4.98億円、資本準備金 4.98億円)
出資比率 三社均等

【発電所の計画概要】
予定地 千葉県袖ケ浦市中袖3番地1
発電方式 超々臨界圧方式
発電規模 最大200万kW(100万kWかける2基)
燃料 石炭(バイオマス混焼なども検討)
運転開始 2020年代中頃(予定)

以上

<参考:概略位置図>

発電所予定地(千葉県袖ケ浦市)の図