ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成27年4月22日
九州電力株式会社

大容量蓄電システム需給バランス改善実証事業の実施について

  九州では、太陽光発電を中心に再生可能エネルギー(以下、再エネ)の普及が急速に進んでいます。このため、昨年12月に国において九州本土の太陽光発電の接続可能量(817万kW)が検証されました。

 また、昨年12月末には太陽光発電の接続済と連系承諾済の合計が、接続可能量(817万kW)に到達すると共に、当社は太陽光発電の指定電気事業者に指定されました。

 当社は、電力の安定供給を前提として、今後も再エネの円滑な接続に向けた対応を進めてまいります。

 今回、その取り組みの一つとして、標記の国の補助事業に応募していましたが、本日、交付決定通知を受けたことから、下記のとおり、実証事業を実施いたします。

実証内容
 
  • 大容量蓄電池を電力系統に接続し、揚水発電と同等の電力貯蔵機能を活用した、需給バランスの改善に関する実証を実施。
  • 大容量蓄電池の有効活用策として、系統電圧制御への適用に関する実証を実施。

蓄電池容量
 
  • 出力:5万kW(容量:30万kWh程度)

蓄電池設置場所
 
  • 豊前発電所構内(福岡県豊前市)

実施期間
 
  • 平成27年度~平成28年度(予定)

以上