ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成27年8月25日
九州電力株式会社

新小倉発電所及び苅田発電所の運転停止

 新小倉発電所3号、4号、5号(LNG:各60万kW)は、8月25日(火曜日)総出力約100万kWで運転中、開閉設備の不具合により、同日14時2分に自動停止しました。現在、原因究明をおこなっており、早期復旧を目指してまいります。
 また、苅田発電所新1号(石炭:36万kW)は出力約32万kWで運転中、ほぼ同時刻に自動停止しましたが、現在、復旧操作を実施しております。
 なお、復旧までの間は、待機停止中の火力機の追加運転に加え、必要に応じて他電力からの融通の積み増しや電力取引市場からの調達等の追加供給力対策を行い、電力の安定供給維持に努めてまいります。

以上

〔参考〕

  • 新小倉発電所の概要
所在地 福岡県北九州市小倉北区西港町64番地1
定格出力 60万kW×3基(発電所総出力 3、4、5号機:180万kW)
燃料 LNG
営業運転開始 3号:昭和53年9月29日
4号:昭和54年6月1日
5号:昭和58年7月1日
  • 苅田発電所新1号の概要
所在地 福岡県京都郡苅田町長浜町1番地1
定格出力 36万kW(発電所総出力 新1、新2号機:73.5万kW)
燃料 石炭
営業運転開始 平成13年7月3日