ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成27年8月31日
九州電力株式会社

川内原子力発電所1号機運転再開に伴い今夏の需給見通しを見直しました

 本日、川内原子力発電所1号機が定格熱出力一定運転を開始したことに伴い、2015年度夏季(9月)の需給見通しについて、見直しを行いました。(別紙参照)
 その結果、川内原子力発電所1号機の再稼働による供給力の増加により、融通を見込まずとも予備率6.7%を確保できる見通しとなりました。
 また、経済産業省は、本日、全国の2015年度夏季(9月)の電力需給見通しについて、見直しをおこなっております。
 これによりますと、国民の皆様に、引き続き、節電・省エネ対策へのご協力をお願いすることが示されております。

 お客さまにおかれましては、引き続き、昨夏お取組みいただいた節電を目安に、生活・健康や生産・経済活動に支障のない範囲で可能な限り、節電にご協力いただきますようお願いいたします。

 当社としましては、電力の安定供給を維持するためにも、引き続き、原子力発電所の適合性検査や使用前検査に真摯かつ丁寧に対応するとともに、需給両面の対策に最大限取り組んでまいります。

以上