ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成28年7月21日
九州電力株式会社

九州本土における再生可能エネルギーの導入状況と優先給電ルールについて

 九州本土では、太陽光発電を中心とした再生可能エネルギー(以下、再エネ)発電設備の導入が急速に進んでおります。
 〔太陽光発電設備量は平成27年5月末の約500万kWから1年間で約110万kW増加し、平成28年5月末で615万kW〕
 このような中、特に供給力が需要を上回る昼間帯に、自然変動する太陽光・風力の出力に応じて当社火力等を抑制し、揚水動力を活用するなど、従来と大きく異なる電源運用を行うことにより、需要と供給力のバランスを維持し、安定供給を図っております。

 今年4月、供給力が需要を上回る場合の対応として、火力やバイオマスなどの出力を抑制する順番等を定めた「優先給電ルール」が、電力広域的運営推進機関において整備されました。
 当社は種子島・壱岐において既に再エネの出力制御をおこなっておりますが、今後、九州本土においても出力制御が発生する場合には、本ルールに基づいて運用していただくことになります。
 従いまして、今後、火力・バイオマス・太陽光・風力の各発電事業者さまに対応していただく内容について、丁寧な説明を行うことを考えております。
 各発電事業者さまにおかれましては、当社からの連絡をお待ちいただくようお願いいたします。

 当社は、電力の安定供給を前提として、今後も再エネの最大導入に向けた対応を進めてまいります。

以上