ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成28年12月21日
九州電力株式会社

新小倉発電所3号機の運転停止

 新小倉発電所3号機(LNG:60万kW)は、12月21日(水曜日)発電機出力30万kWで運転中、タービン室内の海水管から海水漏洩を確認したため、同日13時22分に運転を停止しました。
 現在、海水管内の海水の排水作業をおこなっており、抜き取り完了後に速やかに漏洩箇所の修理を行い、早期復旧を目指してまいります。
 なお、復旧までの間は、必要に応じて、電力取引市場からの調達等の追加供給力対策を行い、電力の安定供給維持に努めてまいります。

以上

〔参考〕

  • 新小倉発電所3号機の概要
所在地 福岡県北九州市小倉北区西港町64-1
定格出力 60万kW(発電所総出力3、4、5号機:180万kW)
燃料 LNG
営業運転開始 昭和53年9月29日
運転時間 約24万7千時間
起動回数 694回