ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成29年3月7日
九州電力株式会社

平成28年10月12日に発生した東京電力の地中ケーブル事故を受けた対応に関する報告について

 当社は、平成28年10月12日に東京都内で発生した停電を踏まえ地中送電線(OFケーブル)の緊急点検を実施し、異常がないことを経済産業省に報告しました。

平成28年11月11日お知らせ済み

 その後、地中送電ケーブルの安全に万全を期すように、上記の緊急点検に加え、火災防止の観点からの点検と対策について、経済産業省から指示文書(平成28年11月16日付)が発出されました。
 この度、これに対して、地中送電線(OFケーブル)の点検を実施し、現在のところ異常がないこと、及び今後、計画的に絶縁油を使用しないCVケーブルに張替えていくことを、本日、同省に報告しました。
 今後とも、電力の安定供給並びに公共の安全確保に努めてまいります。

〔参考〕点検箇所・内容(緊急点検含む)

○点検箇所

OFケーブル線路 8線路(回線延長 約68.2km)

○点検内容

ケーブル等点検 8線路(完了)
油量、油圧点検 141箇所(完了)
絶縁油成分分析 90箇所(残り117箇所(注)

(注)お客さま停電調整等のため今後実施予定

○点検方法

ケーブル等点検 ケーブルの漏油、支持状態、異音、異臭、異常発熱等の有無及び消火設備等の火災防止状況を確認
油量、油圧点検 ケーブルに接続している油槽の油量や油圧を確認
絶縁油成分分析 絶縁油中に含まれるガスの成分を分析し、劣化兆候を確認

以上