ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

平成29年10月16日
九州電力株式会社



苓北発電所で九州北部豪雨により発生した流木の受け入れ(最大5万トン)を開始します
-流木処理支援を目的に10月19日から受け入れ開始-
-流木はチップに加工し、石炭と混ぜて発電用燃料として利用-

 当社は、九州北部豪雨で発生した流木の購入について、公益社団法人 福岡県産業廃棄物協会(以下、「協会」)と合意し、10月19日から苓北発電所で受け入れを開始することとしました。
 流木処理の支援を目的に、協会が矢部川浄化センターで管理する流木を丸太の状態で苓北発電所に受け入れた後、発電所内でチップへと加工し、石炭と混ぜて発電用燃料として利用します。

【流木の受入概要】

毎月最大2,800トン
平成31年3月までに最大5万トン

 当社は今後とも、九電グループ一体となって復興に努めてまいります。

(撮影場所)流木仮置場:「あまぎ水の文化村」 (撮影日)平成29年9月6日

以上