ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

平成29年12月29日
九州電力株式会社

新大分発電所3号系列第4軸が運転復帰しました
-設備の点検が完了し、12月28日に通常運転復帰-

 新大分発電所3号系列第4軸(LNG:45.94万kW)は、12月26日(火曜日)発電機出力45万kWで運転中、ガスタービン入口燃料ガス圧力が低下したため、同日16時49分に自動停止しました。(12月26日お知らせ済み

 当日、燃料ガス圧縮機の潤滑油補給の定例作業のため、操作場所を中央盤から現場盤に切り替えておりました。その際、同圧縮機の燃料ガス圧力制御が行われず、急激な圧力低下を招き、ガスタービンの自動停止に至りました。

 原因は、操作場所を現場盤に切り替えることで、圧力制御が行われなくなることを認識していなかったことです。

 潤滑油補給の作業要領等の見直しを行い、12月28日(木曜日)21時55分に運転を復帰しました。

 今後、再発防止の徹底に努めてまいります。

以上

〔参考〕

  • 新大分発電所3号系列第4軸の概要
所在地 大分県大分市大字青崎4-1
定格出力 45.94万kW(発電所総出力:280.44万kW)
燃料 LNG
営業運転開始 平成28年6月1日
運転時間 約1.3万時間
起動回数 2回