ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

平成30年3月19日
九州電力株式会社

「AnimeJapan 2018」と同時開催の「ファミリーアニメフェスタ 2018」にて九州電力とソニー・ミュージックエンタテインメントが共同でブースを出展します。
-今夏開始予定のIoTサービスのデモンストレーションを実施-

 「ずっと先まで、明るくしたい。」をブランドメッセージとして快適で環境にやさしい未来を目指す九州電力株式会社(以下、九州電力)は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(本社:東京都千代田区、代表取締役:水野道訓 以下、SME)と、「AnimeJapan 2018」と同時開催する「ファミリーアニメフェスタ 2018」(平成30年3月24日、25日、東京ビッグサイト)に共同でブース出展し、今夏から九州電力が事業開始予定のInternet of Things(IoT)サービスのデモンストレーションを行います。

 本サービスは、音声端末を通して対話サービスや家電操作を実現するものであり、当社はそのコンテンツの一つとしてアニメのキャラクター音声を提供する「キャラボイス」サービスを計画しています。

 今回の出展では、SMEと共同で進めているアニメ「妖怪ウォッチ」に登場する妖怪執事・ウィスパーを起用した「キャラボイス」サービスについてのデモンストレーションをご覧頂けます。

 なお、IoTサービス及び「キャラボイス」サービスの具体的な内容、料金等につきましては、準備が整い次第、別途発表する予定です。

【本件に関するお問合せ先】
 九州電力株式会社ビジネスソリューション統括本部
  地域共生本部報道グループ

以上