ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

平成30年3月22日
九州電力株式会社



豪州ウィートストーンLNGプロジェクトから権益持分LNGを初受入れしました
-大分基地で荷揚げ完了-

 当社は、初のLNG出資プロジェクトである豪州ウィートストーンLNGプロジェクト(以下、ウィートストーンプロジェクト)から、新大分発電所向けに権益持分LNG約6万トンを初受入れ(注1)しました。
 本プロジェクトには豪州子会社であるキュウシュウ・エレクトリック・ウィートストーン社(以下、QEW)を通じて出資・参画しており、当社はLNGを引き取る権利(注2)(権益持分LNG:年間13万トン)を有しています。3月19日にリチャード・コート駐日豪州大使をお迎えし、受入れセレモニーを実施、3月20日に荷揚げが無事完了しました。

 当社は引き続き、将来に亘る安定的かつ柔軟なLNGの調達に努めてまいります。

(注1) 長期契約分LNGの初受入れは平成29年12月7日に実施済み
(注2) 売買契約締結済みの引取量は、長期契約に基づく年間70万トン及び権益持分年間13万トンの合計年間83万トン
平成23年9月16日お知らせ済み

大分基地に到着したLNG船(グレース・バレリア号):平成30年3月19日撮影

以上