ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

平成30年4月27日
九州電力株式会社

平成29年度(平成30年3月期) 決算についてお知らせします

 平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)の業績が確定しましたのでお知らせします。詳細は、決算短信及び決算説明資料をご参照ください。

1 平成29年度決算概要

 当社におきましては、電力システム改革等により、電力・ガス小売全面自由化や、送配電部門の法的分離などへの対応が必要であることなどから、安全確保・法令遵守・安定供給を前提に、グループ一体となって徹底した費用削減に努めるとともに、ガス小売事業に参入するなど収益獲得に積極的に取り組んでまいりました。
 平成29年度の業績につきましては、川内原子力発電所の発電電力量増加による燃料費の抑制などはありましたが、競争の進展に伴う販売電力量の減少や、電力システム改革等に伴う諸経費の増加などから、前年度に比べ経常利益は21.8%の減益となりました。
一方、玄海原子力発電所3号機の稼働状況等を踏まえ、繰延税金資産の回収可能性について検討した結果、繰延税金資産を追加計上し、法人税等が減少したことなどから、親会社株主に帰属する当期純利益は9.3%の増益となりました。

連結

(億円、%)

  29年度 28年度 増減 増減率
経常収益
売上高 [再掲]
19,762
19,603
18,456
18,275
1,305
1,328
7.1
7.3
経常費用 19,025 17,514 1,511 8.6
経常利益 736 942 205  21.8
特別損失 104 104
法人税等 144 22 167
親会社株主に帰属する
当期純利益
866 792 73 9.3

個別

(億円、%)

  29年度 28年度 増減 増減率
経常収益
売上高 [再掲]
18,302
18,235
17,081
16,967
1,220
1,268
7.1
7.5
経常費用 17,820 16,392 1,427 8.7
経常利益 482 688 206 30.0
特別損失 95 95
法人税等 209 27 182
当期純利益 690 610 79 13.0

(参考)主要諸元表

  29年度 28年度 増減
販売電力量 768億kWh 786億kWh 18億kWh
原油CIF価格 57$/b 48$/b 9$/b
為替レート 111円/$ 108円/$ 3円/$
原子力[送電端]
(設備利用率)
143億kWh
36.7%
125億kWh
31.9%
18億kWh
4.8%

2 平成29年度期末配当

 平成29年度の期末配当につきましては、普通株式1株につき10円の予定としております。

1株あたり配当金

  29年度 28年度 増減
中間配当 10円 0円 10円
期末配当 10円 15円 5円
合計 20円 15円 5円
(注) 平成29年度の期末配当は、平成30年6月27日に開催の第94回定時株主総会の決議をもって、正式に決定、実施する予定です。

3 平成30年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日)業績予想及び配当予想

 平成30年度の業績予想につきましては、売上高は、前年度が気温影響により需要が増加したことによる反動減や競争の進展などによる契約電力の減少などから電灯電力料は減少するものの、他社販売電力料や再エネ特措法交付金が増加することなどから、前年度に比べ 2.3%の増収となる見通しです。
 経常利益につきましては、玄海原子力発電所3、4号機の発電再開による収支改善は見込まれるものの、川内原子力発電所1、2号機の定期検査により燃料費や修繕費が増加することや、電灯電力料が減少することなどから、引き続き事業活動全般にわたる徹底した効率化等にグループ一体となって取り組み、前年度に比べ8.6%の増益となる見通しです。
 また、親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、前年度に繰延税金資産を追加計上したことによる影響で、法人税等が増加することなどから、前年度に比べ36.5%の減益となる見通しです。
 平成30年度の配当につきましては、当年度の業績や中長期的な収支・財務状況などを総合的に勘案し、普通株式1株につき30円(中間、期末とも15円)の予定としております。

連結

(億円、%)

  30年度 29年度 増減 増減率
売上高 20,050 19,603 447 2.3
営業利益 1,050 1,031 19 1.8
経常利益 800 736 64 8.6
親会社株主に帰属する
当期純利益
550 866 316 36.5

個別

(億円、%)

  30年度 29年度 増減 増減率
売上高 18,650 18,235 415 2.3
営業利益 850 812 38 4.7
経常利益 550 482 68 14.1
当期純利益 400 690 290 42.0

(参考)主要諸元表

  30年度 29年度 増減
販売電力量 730億kWh 768億kWh 38億kWh
原油CIF価格 65$/b 57$/b 8$/b
為替レート 110円/$ 111円/$ 1円/$
原子力[送電端]
(設備利用率)
289億kWh
73.4%
143億kWh
36.7%
146億kWh
36.7%

以上