ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

平成30年6月20日
九州電力株式会社

環境・エネルギー分野のベンチャーキャピタルと戦略的パートナーシップを構築し、新規ファンドに出資しました
-有望なベンチャー企業等との共創による新たな事業やサービスの創出を加速-

 当社は、昨年1月よりグループ横断の取組みとしてKYUDEN i-PROJECTを立ち上げ、ビジネスアイディア創出や他企業等との共創に取り組んできました。
 ベンチャー企業等との共創による新たな事業・サービス創出を加速していくために、環境・エネルギー分野に特化した日本で唯一のベンチャーキャピタルと、本日、戦略的パートナーシップを構築し、新規ファンドへの出資契約を締結いたしました。

1 目的
有望なベンチャー企業等との共創による新たな事業やサービスの創出
2 パートナーとなるベンチャーキャピタル
株式会社環境エネルギー投資(EEI)
3 新規ファンド
EEI4号イノベーション&インパクト投資事業有限責任組合
4 投資・共創対象
グローバルな潮流である持続可能な経済実現に向けて、その中核をなす環境・エネルギー分野に取り組むベンチャー企業

【当社・株式会社環境エネルギー投資・ベンチャー企業の関係図】

当社・株式会社環境エネルギー投資・ベンチャー企業の関係図

 当社は、今後とも、九電グループのブランドメッセージである「ずっと先まで、明るくしたい。」の実現に向け、未来の事業を創出することで、九州地域の発展、ひいては社会全体の課題解決に繋がる新たな価値の創造を目指します。

以上