ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

平成30年7月17日
九州電力株式会社

平成30年度供給計画において電源の「廃止」および「計画停止」の計画を変更しました
-4発電所、7ユニットの計画を見直し-

 当社は、玄海原子力発電所3、4号機の再稼働に伴い、本日、発電・小売の供給計画(注)変更届出書を電力広域的運営推進機関(広域機関)に提出しました。
 今回の届出において、電源の「廃止」および「計画停止」の計画を以下のとおり見直しましたので、お知らせします。

(注)今後10年間の電力需給見通しならびに電源開発等についての計画であり、電気事業法の規定に基づき、広域機関を経由して経済産業大臣に届け出るもの

廃止

設備 発電所およびユニット 出力 廃止時期
火力(重原油) 相浦1、2号 87.5万kW 平成31年4月
【平成30年度】
豊前1号 50万kW 平成31年度
【平成32年度~計画停止】

計画停止

設備 発電所およびユニット 出力 期間
火力(重原油) 豊前2号 50万kW 平成30年度~
【平成32年度~】
川内1、2号 100万kW 平成30年度~
【 ‐ 】
火力(LNG) 新小倉4号 60万kW 平成32年度~
【 ‐ 】

(注)【 】は昨年度計画

以上