ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

平成30年7月20日
九州電力株式会社

苓北発電所2号機の運転を復帰しました
-設備点検を完了し、昨夜、通常運転復帰-

 苓北発電所2号機(石炭:70万kW)は、7月18日(水曜日)20時03分に発電機出力70万kWで運転中、自動停止しました。(7月18日お知らせ済み
 点検の結果、原因は、ボイラーへの燃料投入量等を調整する制御装置の動作不具合により停止したものであり、当該装置が正常に動作することを確認の上、昨日21時25分に運転を復帰しました。
 当社は、今後とも、電力の安定供給のため、発電所の安全・安定運転に努めてまいります。

以上

〔参考〕

  • 苓北発電所2号機の概要
所在地 熊本県天草郡苓北町大字年柄としがら苓陽れいよう1091番地
定格出力 70万kW(発電所総出力 1、2号:140万kW)
燃料 石炭
営業運転開始 平成15年6月24日
運転時間 約11万3千時間(6月末)
起動回数 67回