ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

平成30年8月30日
九州電力株式会社

連結子会社2社(九電オフィスパートナーと九電シェアードビジネス)を合併します

 当社の100%子会社である株式会社九電オフィスパートナー(以下、「QOP」)と株式会社九電シェアードビジネス(以下、「KSB」)は、会社設立から10数年に亘り、当社とグループ会社の経理・人事労務等の間接業務を受託し、集中処理を行うことにより、当社グループの業務効率化に努めてまいりました。

 当社は、今後の厳しい経営環境の中、グループの総合力を高めていく観点から、グループ一体となった事務系間接業務の更なる効率化とサービス品質の向上を目的として、平成31年1月に両社を合併することを決定しました。9月3日に両社間で「合併契約書」を締結します。

1 合併期日 平成31年1月1日
2 合併の方法 QOPを合併存続会社とする吸収合併
(ただし、両社は対等の立場で合併)
3 合併会社の概要
(1)商号 株式会社九電ビジネスパートナー(略称:QBP)
(Kyuden Business Partner Corporation)
(2)本店所在地 福岡県福岡市中央区渡辺通二丁目1番82号
(3)資本金 3千万円(当社100%子会社)
(4)売上高 約16億円
(5)従業員数 約200名
4 その他
  なお、会社法の定めにより、QOP及びKSBの臨時株主総会にて合併契約書の承認を決議予定

以上