ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

2019年3月25日
九州電力株式会社

次世代蓄電池技術を有するスタートアップ企業と業務提携しました
-海外で蓄電池を用いたサービスの事業化に取り組みます-

 当社は、エクセルギー・パワー・システムズ株式会社(以下、「エクセルギー社」)と業務提携しました。

 エクセルギー社は、高出力蓄電池を活用した次世代蓄電池システム等の開発をおこなっている東京大学発のスタートアップ企業で、電力需給調整市場での事業展開を目指しています。

 当社は、当社の電気事業の知見を活かし、エクセルギー社が有する優れた蓄電池システムを用いて、同社が既に取り組みを開始しているアイルランド島において、協同で事業化に取り組むなど、海外での事業創出を目指します。

 当社は、未来の事業を創出する「KYUDEN i-PROJECT」として、2017年度からスタートアップ企業との連携を強化しており、本提携は、その一環として取り組むものです。

 今後もスタートアップ企業やベンチャーキャピタル等との協働により、お客さまへ新たな価値提供を実現するためのイノベーションを積極的に推進してまいります。

<プロジェクト概要>

目的・内容 電力需給調整市場での調整力の提供(2万kW規模)
場所 アイルランド島
期間 2019年度末から開始予定

<参考>エクセルギー・パワー・システムズ株式会社の概要

商号 エクセルギー・パワー・システムズ株式会社
本社 東京都文京区本郷
代表者 Dr.Mike Musil(Dr. ムセル マイク氏)
設立 2011年5月
事業内容
  • 海外における電力需給調整市場での調整力の提供
  • 次世代蓄電池システム等の開発・製造

以上