ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

2019年10月31日
九州電力株式会社

2019年度(2020年3月期) 第2四半期決算についてお知らせします

 2019年度第2四半期(2019年4月1日~2019年9月30日)の業績が確定しましたのでお知らせします。詳細は、決算短信及び決算説明資料をご参照ください。

1 2019年度第2四半期決算概要

 当第2四半期の業績につきましては、原子力発電電力量の増加などによる燃料費の減少はありましたが、卸電力取引の市況低迷などにより他社販売電力料が減少したことに加え、需給運用上余剰となったLNGの転売において大幅な市況下落に伴い損失が拡大したことや、松浦発電所2号機の試運転開始に伴い減価償却費が増加したことなどにより、前年同四半期に比べ減益となりました。
 収入面では、ICTサービス事業で増収となった一方で、国内電気事業において、販売電力量が前年同四半期と同水準となったことなどにより電灯電力料は前年同四半期並みとなったものの、卸電力取引の市況低迷などによる他社販売電力料の減少などにより減収となったことなどから、売上高は前年同四半期に比べ 1.1%減の1兆202億円、経常収益は1.0%減の1兆287億円となりました。
 支出面では、国内電気事業において、LNG転売損失や減価償却費、連結子会社の電力調達費用の増加はありましたが、原子力発電電力量の増加などによる燃料費の減少などにより費用減となった一方で、ICTサービス事業において費用増となったことなどから、経常費用は 0.2%増の1兆116億円となりました。
 以上により、経常利益は前年同四半期に比べ42.1%減の170億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は63.4%減の71億円となりました。

連結

(億円、%)

  当第2四半期
(2019年4~9月)
前第2四半期
(2018年4~9月)
増減 増減率
経常収益
売上高 [再掲]
10,287
10,202
10,390
10,316
マイナス 102
マイナス 113
マイナス 1.0
マイナス 1.1
経常費用 10,116 10,095 21 0.2
経常利益 170 295 マイナス 124 マイナス 42.1
親会社株主に帰属する
四半期純利益
71 196 マイナス 124 マイナス 63.4

(参考)主要諸元表

  当第2四半期
(2019年4~9月)
前第2四半期
(2018年4~9月)
増減
当社グループ合計の
販売電力量
365億kWh 365億kWh
原油CIF価格 69$/b 74$/b マイナス 5$/b
為替レート 109円/$ 110円/$ マイナス 1円/$
原子力[送電端]
(設備利用率)
133億kWh
(75.9%)
108億kWh
(54.9%)
25億kWh
(21.0%)
(注) 当社グループ合計の販売電力量は、当社及び連結子会社(九電みらいエナジー株式会社)の数値を記載している

2 2019年度中間配当

 2019年度の中間配当につきましては、普通株式1株につき20円といたします。

3 2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)業績予想及び期末配当予想

 2019年度連結業績予想につきましては、最近の業績の動向等を踏まえ、2019年7月31日に公表した業績予想を修正いたします。
 売上高につきましては、国内電気事業において、卸電力取引の市況低迷などによる他社販売電力料の減少などから、前回公表値を下回る2兆350億円程度となる見通しです。
 経常利益につきましては、事業活動全般にわたる徹底した効率化等にグループ一体となって取り組むものの、国内電気事業において、売上高の減少に加え、需給運用上余剰となったLNGの転売において大幅な市況下落に伴い損失が拡大することなどから、前回公表値を下回る550億円程度となる見通しです。
 親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、前回公表値を下回る300億円程度となる見通しです。
 2019年度個別業績予想につきましても、連結と同様に売上高、利益とも修正いたします。
 2019年度期末配当予想につきましては、当年度業績予想の修正を踏まえ、誠に申し訳なく存じますが、前回公表値の普通株式1株あたり20円(年間40円)から15円(年間35円)に修正いたします。

連結

(億円、%)

  今回 前回公表
(7月)
増減 増減率
売上高 20,350 20,850 マイナス 500 マイナス 2.4
営業利益 800 1.,050 マイナス 250 マイナス 23.8
経常利益 550 800 マイナス 250 マイナス 31.3
親会社株主に帰属する
当期純利益
300 550 マイナス 250 マイナス 45.5

個別

(億円、%)

  今回 前回公表
(7月)
増減 増減率
売上高 18,500 19,150 マイナス 650 マイナス 3.4
営業利益 500 750 マイナス 250 マイナス 33.3
経常利益 250 500 マイナス 250 マイナス 50.0
当期純利益 100 350 マイナス 250 マイナス 71.4

(参考)主要諸元表

  今回 前回公表
(7月)
増減
当社グループ合計の
販売電力量
753億kWh 747億kWh 6億kWh
原油CIF価格 67$/b 70$/b マイナス 3$/b
為替レート 109円/$ 110円/$ マイナス 1円
原子力[送電端]
(設備利用率)
286億kWh
(81.7%)
273億kWh
(78.1%)
13億kWh
(3.6%)
販売電力量(個別) 727億kWh 734億kWh マイナス 7億kWh
(注) 当社グループ合計の販売電力量は、当社及び連結子会社(九電みらいエナジー株式会社)の数値を記載している

1株当たり配当金

(円)

  今回 前回公表
(7月)
増減
中間 20 20
期末(予想) 15 20 マイナス
年間(予想) 35 40 マイナス

以上