ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

2019年12月20日
九州電力株式会社

松浦発電所2号機の営業運転を開始しました
-単機では日本最大規模の出力100万kW-

 当社の松浦発電所2号機は、本年6月から発電開始・試運転をおこなっておりましたが、本日、電気事業法に基づく使用前自主検査を終了し、営業運転を開始しました。

 この2号機は、経済性・調達安定性に優れた石炭を燃料としており、最高水準の技術の採用により、発電効率の向上とCO2排出量の低減を図っています。
 また、再生可能エネルギーの出力変動にも柔軟に対応できる設備となっています。

 当社は、今後も「S(安全性)+3E(エネルギーの安定供給、経済性、環境面)」の観点から、バランスのとれた電源構成をベースにした事業運営により「九電グループ経営ビジョン2030」に掲げる低炭素で持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

松浦発電所2号機の概要

  2号機 [参考]   1号機       
(1989年6月運開)
所在地 長崎県松浦市志佐町白浜免字開発2091番地1
出力 100万kW 70万kW
燃料 石炭
発電方式 超々臨界圧(注1) 微粉炭火力 超臨界圧(注2) 微粉炭火力
発電効率(注3)
(低位発熱量基準)
約46% 約43%
注1: 発電効率向上を図るため発電用蒸気を高温・高圧化(温度:566度超,圧力:22.1MPa 以上)
注2: 発電用蒸気の温度:566度以下,圧力:22.1MPa 以上
注3: 低位発熱量基準の発電効率は、燃焼ガス中の水蒸気の発熱量を除いて算定したもの

主な経緯

1998年 1月 環境調査開始
2001年 3月 工事着工(工事計画届出)
2004年 6月 工事中断(電力需要想定が下がったため)
2016年 1月 工事再開(2015年11月工事計画変更届出)
2019年 6月 発電開始
2019年 12月 営業運転開始

以上