ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

2020年9月1日
九州電力株式会社

大岳地熱発電所の発電を開始しました
-2020年9月1日から試運転による発電を開始-

 当社は、2018年4月以降大岳地熱発電所(定格出力:14,500kW)の更新工事を進めてまいりましたが、本日、試運転による発電を開始しました。
 今後は、法令に定められた保安検査、機器の調整、性能試験などを行い、2020年10月に営業運転を開始する予定です。

 今回の更新工事では、既設発電所設備を運転しながら、隣接地に新たな設備を建設することで、発電停止期間の短縮に努めました。

 当社は、今後も地球温暖化への対応及び国産エネルギー有効活用の観点から、再生可能エネルギーの積極的な開発、導入に努めてまいります。

大岳地熱発電所更新計画の概要

  既設 更新後
発電所名称 大岳地熱発電所
所在地 大分県玖珠郡九重町大字湯坪
発電方式 汽力(地熱)
出力 12,500kW 14,500kW(注)
運転開始 1967(昭和42)年8月 2020(令和2)年10月予定
(注) 今回の更新計画では、現在の生産井及び還元井を継続して利用するため、地下から取り出す地熱流体の量は変わりませんが、発電システムの効率向上により出力が増加します。

完成イメージ

完成イメージ写真

更新後の大岳発電所(8月現在)

更新後の大岳発電所(8月現在)の写真

以上