ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート

2021年4月22日
SBIホールディングス株式会社
九州電力株式会社
株式会社筑邦銀行

合弁会社設立に向けた合弁契約を締結しました
-地域情報プラットフォームを活用し、地域活性化に貢献-

 SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:北尾吉孝)、九州電力株式会社(本店:福岡県福岡市、代表取締役社長執行役員:池辺和弘)及び株式会社筑邦銀行(本店:福岡県久留米市、頭取:佐藤清一郎)の3社は本日、「株式会社まちのわ」を共同設立することについて合弁契約を締結しました。「株式会社まちのわ」では、地域のデジタル化を推進する地域情報プラットフォームを活用し、プレミアム付電子商品券・地域通貨等を発行・運用するサービスをはじめとした地方創生および地域経済の活性化を推進する事業を展開してまいります。

 3社は昨年、包括連携協定(2020年11月24日:お知らせ済)を締結し、これまで宗像国際環境会議における「常若通貨」の発行や、福岡県うきは市をはじめ6つの地域でプレミアム付商品券を電子化する地域情報プラットフォームを提供するなど、キャッシュレス決済を通じて、地域経済の活性化及び持続可能な街づくりに取り組んでまいりました。
常若通貨:2019年8月20日うきは市:2020年6月18日太宰府市:9月30日箱崎商店連合会・平尾商工連合会:10月29日日田市:11月19日みやま市:2021年3月4日お知らせ済)

 今後、「株式会社まちのわ」のもと、3社の連携を一層強化し、これまでの取組みの知見を活かしながら、本プラットフォームを活用し、地方創生及び地域活性化に取り組んでまいります。

以上