ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

黒尾丸 倫奈/電子通信部門

電子通信部門、黒尾丸 倫奈、2011年入社 佐賀県出身 理工学部 電気電子学科卒業

ICTで電力の安定供給を支える

職場の様子

電子通信部門は、様々な通信設備・システムの構築、運用・保守により、『離れている人やモノをICT(情報通信技術)でつなぐ』仕事をしています。
電力の安定供給に欠かせない、電力設備の運転・監視・制御に必要な情報を伝送するネットワークや、会社の経営活動を支える通信サービスを提供することで、事業活動を支えています。
私の所属する通信計画グループでは、ICTの技術革新の動向を見据えながら、当社全エリアに広がる電子通信システムの設備計画の策定をおこなっています。

設備構築は長期的な目線で

私は現在、主に無線通信設備の構築や更新計画の立案・策定を担当しています。
社内の各部門のニーズを踏まえ、実現可能性、重要性、費用対効果などを総合的に検討し、長期的な目線を持ち、優先順位をつけて対応しています。
実際に工事を担当する事業所に、スムーズに業務に取り組んでもらえるよう、明確で分かりやすい計画策定を心掛けています。

職場の様子

現場での経験が原点

職場の様子

現在の業務には、これまで担当してきた現場での業務経験が活かされていると感じます。
現場での設備工事業務においては、協力会社と何度も調整をしながら、無事に設備をつくりあげたときには達成感を感じました。
過去には、台風による設備被害の復旧作業に、協力会社の方々と一体となって取り組んだこともあります。例えば、停電の復旧を行う際にも、通信設備が使えなくては事業所と現場の間で必要な情報のやりとりができません。
電力の安定供給を支えるための情報を、途切れさせることなく確実に届けるという使命感をもって仕事に取り組めるのがこの仕事の魅力です。

技術革新のスピード感が魅力

情報通信分野は技術革新が速く、昨今ではIoT、AI、セキュリティ等、最先端の技術にスピード感をもって対応していくことが必要です。
電子通信部門では、社内での経験は基より、QTnet等の情報通信関係グループ会社への出向を通じ、最先端の技術やノウハウを学ぶ機会があります。
技術革新の早い分野ですが、学んだことを直ぐに社内の業務の高度化・効率化に生かせるので、やりがいがあります。
さらに、若手にも国際会議への参加など活躍のチャンスが多々あるという点も魅力的だと思っています。
現在、部門の若手メンバーではICT利活用のアイディア創出から実施までを行う取組みを進めています。自分自身の専門知識を深めながら、時代の先端で広い視野を持って取り組んでいきたいですね。

職場の様子

新しい知識を吸収して成長できる

職場の様子

大学時代には、電気電子工学の分野を幅広く学んできました。
就職活動を行う中で、人々の生活に必要不可欠な電気をお届けすることはもちろんのこと、様々な形で生活を支える電力会社の仕事に魅力を感じ、当社を志望しました。
中でも電子通信部門は、技術革新が速く、新しい知見を取り入れながら成長することができ、やりがいのある仕事だと思います。
職場は、先輩方も皆優しく、議論が活発でたくさんの学びを得られる環境です。
今後は、自分から新たな価値を発信できるよう、アイディアを出し、チャレンジしたいと思っています。一緒にチャレンジしてくれるかたの入社をお待ちしています。