ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

浜崎 麻莉/配電技術センター

配電技術センター(配電部門)  浜崎 麻莉 2011年入社 福岡県出身 理工学部物理学科卒業

「電気」を安全かつ安定的にお届けする

職場の様子

配電部門は、発電所で作られた電気をお客さまの元へ安全かつ安定的にお届けするため、電柱、電線、変圧器や、各ご家庭に設置されている電力メーターなどの設備に関わる保全の業務をおこなっています。
私が現在所属する配電技術センターは、配電用品の品質管理や試験、工事技術の開発・改良などに努めています。

品質管理のプロを目指して

職場の様子

私が現在所属する用品管理技術グループは、主に電力メーターなど配電用品の品質管理を担当しています。
具体的には、故障した配電用品の調査や、メーカーの工場へ出向いて、品質管理状況の調査などをおこなっています。
品質管理に関する専門知識が必要なため、資格の勉強をしたり、先輩から業務を教わりながら、品質管理のプロを目指しています。

お客さまの生活を支えることに繋がっている

職場の様子

電力メーター類の故障が発生した際は、その原因を探るため、解体や成分分析などの調査をおこないますが、初めは不明だった故障のメカニズムが解明できたとき、達成感とやりがいを感じます。
配電用品の品質向上を目指すことは、電気を安定してお届けすること、すなわちお客さまの生活を支えることに繋がっています。間接的ではありますが、用品の品質管理を通して、お客さまのお役に立ちたいと考えています。

生活に根ざした仕事で九州に恩返しをしたい!

職場の様子

家族がインフラ関係の仕事に就いていて、生活に根ざした仕事に小さい頃から憧れを感じていたため、 私も同じように「生まれ育った九州に恩返しをしたい」と思っていました。
九州電力への就職を考え始めた頃は、大学で電気系の専門知識を学んでいなかったので、技術系の道へ進むことにとても不安を感じていました。
そんな時に、九州電力の配電部門の社員が、災害復旧のため懸命に働く姿をニュースで見て心を打たれ、私も同じように頑張りたい!と強く思うようになりました。
お客さまの生活を支えるこの仕事に誇りを感じています。

配電部門で働く女性社員の一人として活躍したい

職場の様子

男性が多い印象のある技術職ですが、配電部門には比較的女性も多く、約40人の女性社員がいます。
配電部門の女性同士で情報交換する機会もあるので、仕事、家事、育児のバランスを上手く取っている先輩方の話を聞くことができ、自分の将来像をイメージしやすい環境が整っています。
先輩方のライフスタイルを参考に、仕事と家庭の両立を図って、配電部門で働く女性社員の一人として責任と自覚を持ち、これからも配電の様々な分野に挑戦していきたいです。