ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

溝邉 祐介/福岡東配電事業所

福岡東配電事業所(配電部門) 溝邉 祐介 2011年入社 大分県出身 工学研究科電子工学専攻

電気を安定して送り届けるために

職場の様子

配電部門の仕事は、発電所で作られた電気をお客さまの元へ安全かつ安定して送り届けることです。
私が所属する福岡東配電事業所では、福岡市東区および周辺エリアの配電設備を管理しており、電柱・電線等の建設・保守やお客さまからの電気に対するお申し出対応等をおこなっています。
また、台風等の災害による停電発生時には、お客さまの不安やご負担を少しでも軽減できるよう迅速な対応で早期復旧に努めています。

電気のコントロールを行う仕事

職場の様子

私は入社してこれまで、電柱や電線の建設、管理やお客さまからの電気に関するお申し出対応などの業務を経験し、現在は、管轄エリア内の電気をコントロールする仕事を担当しています。
具体的には、変電所からお客さままで、良質な電気が送られるよう電圧を調整したり、電流の切り替え操作をおこなっています。
高度な知識が求められる仕事ですが、電気のスペシャリストを目指し、安定供給に向けた先輩達の技術を継承しつつ、自らの知識・スキルを磨いています。

大切なのは正確さ

職場の様子

電気をコントロールする上で、一番大切なことは、一つひとつ確認しながら、正確に仕事を進めることです。
操作を一つ誤ると、大規模な停電に繋がる可能性がありますので、初めてこの仕事に就いた時は、大変緊張したことを覚えています。
以前、職場の先輩に「この仕事は慣れたらおしまいだ」と教わったことがあります。経験を積み、技術が成熟しても、慣れたという意識が油断に繋がるからです。私はその言葉を常に心に留め、絶対にミスを起こさないよう緊張感を持って仕事に取組んでいます。

目に見える仕事で九州に貢献したい!

職場の様子

「目に見える仕事で社会に貢献したい!」との思いから、インフラ関係の仕事に就きたいと考えていました。
学生時代は関西に住んでいましたが、帰省するたびに九州の人の温かさを感じ、九州で働きたいという気持ちが強くなりました。
九州のインフラ企業の中でも九州電力に興味を持ったのは、停電が発生した際に、停電エリアを自動で最小限に縮小する「配電線自動制御システム」を全国に先駆けて導入したことを知った事がきっかけです。
最先端のシステム開発に積極的に取組んでいる点に魅力を感じ、入社を希望しました。

「あたり前の電気」を絶やさずお届けする

職場の様子

これまで、配電部門の様々な業務を経験してきましたが、どの立場にあっても、お客さまにとって「あたり前の電気」を、絶やさずお届けするという思いは共通しています。
今後も、様々な経験を積んで知識を深めていき、社内からもお客さまからも必要とされる一人前の配電マンを目指します。
ゆくゆくは九州電力の持つ技術力とノウハウを活かし、九州域外、そして海外のお客さまに「あたり前の電気」をお届けするための仕事に従事し、幅広く活躍していきたいです。