ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

電気料金値上げについて

  • このリンクをシェア
  • ツイート

規制部門に比べて自由化部門の値上げ率が高いのはなぜですか。

よくあるご質問

電気料金の値上げ申請について〔法人のお客さま向け〕

問い. 規制部門に比べて自由化部門の値上げ率が高いのはなぜですか。

答え.

 今回の値上げは燃料費等の大幅な増加によるものですが、一方で、効率化により、減価償却費等の設備にかかる費用は減少しています。
 燃料費の増加による値上げ幅は規制部門・自由化部門でほぼ同水準ですが、効率化により設備にかかる費用は減少しており、規制部門に比べて設備関係の費用がもともと少ない自由化部門の減少幅は、規制部門に比べて小さくなっているため、自由化部門の値上げ幅が大きくなっています。
 加えて、自由化部門の平均単価が規制部門より低いことから、自由化部門の値上げ率(値上げ幅現行料金の平均単価)は規制部門よりも高くなっています。
 なお、電気料金は、経済産業省令(一般電気事業供給約款料金算定規則)に則って算定しており、規制部門・自由化部門の値上げ率を意図的に設定することはありません。