ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

温排水の影響は定期的に調査しています

川内原子力発電所
川内原子力発電所トップお知らせ原子力発電所の概要原子力発電所の歴史発電所のトラブル発電所の保守・運営状況トピックス地域情報アクセス
平成28年熊本地震関連 温排水 定格熱出力一定運転 1次系のポンプの点検状況について
川内原子力総合事務所からのお知らせ

トピックス

■川内原子力発電所の温排水について


温排水の影響は定期的に調査しています

当社は、1・2号機建設時の環境影響調査において、温度上昇が1度である範囲を算出しており、この範囲を包含する沖合4キロメートル、幅8キロメートルを温排水の影響が及ぶ範囲と想定し、調査範囲を設定しています。
調査項目は流況、水温、水質、底質、海生生物であり、調査は春季、夏季、秋季、冬季に分けて、毎年、定期的に実施しています。
なお、川内原子力発電所の温排水影響調査(海域モニタリング)は、発電所の運転開始前から約30年間にわたり毎年実施しており、これからも継続して実施していきます。

調査結果
水温については、1・2号機運転中における海水温度が1度以上上昇する範囲(温排水影響域)は、ほとんどが、沿岸から沖合方向へほぼ2キロメートル内外の範囲で拡散しています。
海生生物(底生生物、プランクトン等)については、発電所の運転開始前と比較して、大きな変化がないことを確認しています。
これらの結果については、定期的に開催される鹿児島県主催の「鹿児島県海域モニタリング技術委員会」において当社から説明をおこなっており、学識経験者からご意見をいただいています。

公開について
温排水影響域の調査結果については、2キロメートルを超えた場合を含み全ての結果を公開しています。また、鹿児島県が主催する原子力安全対策連絡協議会(年2回開催)において報告し、その調査結果が報道機関に公開されています。

サイトマップ