ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

フジツボ等の付着抑制について

川内原子力発電所
川内原子力発電所トップお知らせ原子力発電所の概要原子力発電所の歴史発電所のトラブル発電所の保守・運営状況トピックス地域情報アクセス
平成28年熊本地震関連 温排水 定格熱出力一定運転 1次系のポンプの点検状況について
川内原子力総合事務所からのお知らせ

トピックス

■川内原子力発電所の温排水について
aaaa


フジツボ等の付着抑制について

川内原子力発電所では、取水した海水を電気分解して作った次亜塩素酸ソーダ(一般には塩素ともいう)※1を取水口に注入し、フジツボ等が冷却管等へ付着することを抑制しています。この注入した次亜塩素酸ソーダは、配管等の中で時間の経過とともに分解して海水(塩)※2に戻ります。
また、次亜塩素酸ソーダは、放水口で常時監視し、「検出されない値(0.01ミリグラム/リットル未満)」になるように管理しています。なお、この値は水道水の殺菌に必要な濃度(0.1ミリグラム/リットル)の10分の1以下と十分小さいものです。
このように、次亜塩素酸ソーダによる周辺海域の魚などの海生生物への影響は少ないと考えています。

次亜塩素酸ソーダ生成概要図
次亜塩素酸ソーダの注入点と検出点位置


サイトマップ