ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

法人のお客さま

  • このリンクをシェア
  • ツイート

スチームコンベクションオーブン

スチームコンベクションオーブンが変える今までにない厨房を実現。
焼く、蒸す、茹でる、炒める、揚げる、炊く、煮る、とこれ1台で加熱調理のほとんどをカバー。
新調理システム(クックチル、真空調理)、HACCPに最適な1台です。

どんな素材も、仕上がりも、ボタンひとつで最適な状態に。

スチームコンベクションオーブンの設定を説明した図

ボタンだけの簡単操作、誰でもおいしく調理できます

スチームコンベクションの操作は簡単です。調理に合わせ、調理モードを選び、温度・時間をセットして、スタートボタンを押すだけ

モード、温度、時間、スタートのイラスト

定番メニューは、メモリーに調理工程を記憶させると、後は誰でも簡単に同じようにおいしく調理できます。

こんなにたくさんの料理が作れます

肉料理 ローストビーフ、スペアリブ、ビーフシチュー、豚の角煮、豚肉の生姜焼き、ロールキャベツ、酢豚、ハンバーグ、ローストチキン、チキンと小えびのグラタン、親子丼
魚介料理 鮭の塩焼き、鯖の味噌煮、白身魚のムニエル、イカの照焼き、アサリのワイン蒸し
野菜料理 肉じゃが、筑前煮、焼き芋、お好み焼き、野菜のボイル
卵料理 茶碗蒸し、目玉焼き、ゆで卵
米料理 チキンライス、五目ご飯、山菜おこわ、三分粥
麺料理 焼きそば、焼ビーフン、焼うどん
和洋菓子 リンゴのタルト、フルーツコンポート、クッキー、さつまいもの蒸しパン

(注)記載の料理は一例です。

さまざまな加熱調理を一台でこなす万能調理器です。

6段タイプ

6段タイプの写真

(例)3P200V 9.5kW
W1,035 × D655 × H1,395mm

機器選定における食数例
100人(1/1サイズホテルパン)

10段タイプ

10段タイプの写真

(例)3P200V 17.5kW
W847 × D771 × H1,017mm

機器選定における食数例
150人(1/1サイズホテルパン)

20段タイプ

20段タイプの写真

(例)3P200V 34.5kW
W879 × D791 × H1,782mm

機器選定における食数例
250人(1/1サイズホテルパン)

パススルータイプ

パススルータイプの写真

(例)3P200V 21.4kW
W900 × D733 × H1,600mm

同サイドの扉から手前のトレイも奥のトレイも出し入れできる、作業効率の良いタイプです。

作業の流れのイラスト
スチームコンベクション 8つの特徴

省スペースを実現できるので狭い厨房でも設置可能

スチームコンベクション1台でいろいろな加熱調理ができるので、従来使っていた厨房機器を整理し、設置スペースも確保できます。またほとんどの料理がスチームコンベクション1台でOKなので、厨房設備のイニシャルコスト削減につながります。

効率的な調理作業で、人手不足が解消。

効率的な調理作業の写真

調理完了はブザーでお知らせするので、調理中は他の調理作業が進められます。また、ホテルパンで調理するので、鍋釜から容器へ移しかえる等の作業動作を減らすことができ効率的に調理できます。洗い物も少なくなります。

厨房内の作業環境が快適

密閉型調理機器で、扉は二重ガラスの断熱仕様になっており、庫内の熱が外部に漏れにくいので、厨房内の温度が上がりにくく、快適な調理環境が実現できます。

簡単操作で調理作業のマニュアル化が図れ、パートさんの活用が可能。

操作が簡単の写真

食材をのせたホテルパンを庫内に入れ、操作パネルをセットするだけなので、初心者のかたでも簡単に扱えます。スチームコンベクションなら一度作った料理はマニュアル化できるので、パートさんにも安心して任せられます。

新メニューの開発・導入で売り上げアップ

新メニューの開発・導入の写真

さまざまな調理がスチームコンベクション1台で行えるので、新しいメニューが増やせます。

素早く大量調理

大量調理の写真

100~200食分の大量食材もムラなく素早く調理します。

芯温センサーで食中毒を予防可能

食中毒の予防の写真

食材の中心温度を計ることができる「芯温計」で食品の中心部の菌を死滅させる温度まで確実に加熱することができます。

お手入れが簡単

1日の調理終了後に、専用の洗剤を噴射した後、扉を閉めてスイッチを押すだけ簡単操作で、洗浄から乾燥・殺菌まで全自動でおこなう機種も登場しています。

九州電力では、電化厨房による調理体験・調理実演など厨房に関するコンサルティング活動を実施しております。
詳しくは九州電力の各営業センター 技術提案グループにおたずね下さい。