ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

法人のお客さま

  • このリンクをシェア
  • ツイート

農業電化機器の特長(熱の利用)

熱の利用(ヒートポンプ) 光の利用(照明)

熱の利用(ヒートポンプ)

ヒートポンプとは

 ヒートポンプは投入した電気エネルギーの約3倍の熱エネルギーをつくりだすことができます。
ヒートポンプを使用することで、CO2排出量削減、省エネルギー、低コストに大きく貢献できます。

ヒートポンプのイメージ
ヒートポンプの大きなメリット
CO2排出量削減 省エネルギー 低コスト
ヒートポンプのしくみ
冷房の場合
暖房の場合
  • 圧縮機
    冷媒を圧縮し高温高圧の気体にすることで、液体になりやすくします。
  • 凝縮機(放熱器)
    外部に熱を放出することで、冷媒ガスを液化させます。(凝縮熱)
  • 蒸発器(吸熱器)
    外部より熱を吸収することで、冷媒を蒸発させます。(蒸発熱)
  • 膨張弁
    冷媒を断熱膨張させることにより、低温低圧の液体にすることで蒸発しやすくします。

農事用ヒートポンプ(室外機)

農事用ヒートポンプ(室内機)

ハウスの加温
高効率なヒートポンプを利用した空調により、CO2排出量削減、省エネ、低コストが図れます。
ヒートポンプを活用しハウス内を効率的に加温

ヒートポンプを利用したバラの栽培
対象作物
・野菜類 トマト、キュウリ
・花卉類 バラ、キク、洋ラン、トルコギキョウなど
・果樹類 マンゴー、ハウスミカン
・その他  

品質保持
ヒートポンプを活用した低温貯蔵により、農産物の長期鮮度保持が可能です。
ヒートポンプを活用し、庫内を安定・効率的に冷却
対象作物
  • ・野菜類
  • ・花卉類
  • ・果樹類


冷蔵庫

ヒートポンプは、導入にかかる初期コストが高いため、作物によって導入効果が異なるなど、十分に検討する必要があります。