ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

法人のお客さま

  • このリンクをシェア
  • ツイート

農業電化機器の特長(光の利用)

熱の利用(ヒートポンプ) 光の利用(照明)

光の利用(照明)

人工照明を栽培に利用する技術で、農作物の育成や害虫防除などに活用されています。

電照栽培

 日照時間を調整することにより花芽形成の抑制や促進が可能となり、需要が高い時期の出荷が可能となります。

夜間に照明をあてて日長の延長を行い、開花時期を調整
対象作物
  • ・キク
  • ・イチゴ
  • ・花卉類
  • ・その他


電照設備

電照栽培の作型例
電照栽培の作型例の表

害虫防除

黄色蛍光灯などを利用し、夜蛾などの害虫の活動を抑制することで防除します。

夜間の照明により、害虫を集まりにくくします。
農業電化機器の特長
  • ・花卉類
  • ・野菜類
  • ・果樹類
黄色蛍光灯の写真
黄色蛍光灯(写真:パナソニック電工 提供)


今回、ご紹介しました内容につきましては、導入コストや使用する条件によっては導入効果が異なる場合があります。