ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成18年12月27日
九州電力株式会社

「九州通信ネットワーク株式会社」におけるトリプルプレイサービスの実施について


  •  当社の子会社である九州通信ネットワーク株式会社(本社:福岡市,代表取締役社長:豊島のりたか,以下「QTNet」)は,お客さまへの更なるサービス向上を目指し,来春から,鹿児島市及び福岡県の一部(古賀市,前原市,新宮町)において,現在のインターネット接続サービス,光電話サービスに加え,新たに放送サービスを開始し,光回線を利用した一体的なサービスとして「トリプルプレイサービス」を実施します。

    【鹿児島地区】
     鹿児島市については,本サービスの実施にあたり,QTNet,鹿児島有線テレビジョン株式会社(本社:鹿児島市,代表取締役社長:三枝弘一,以下「FTV」)及び岩崎産業株式会社(本社:鹿児島市,代表取締役社長:いわさき芳太郎,以下「岩崎産業」)の3社間で,本日,次のとおり基本合意書を締結しています。

    <基本合意書の主な内容>
    •  岩崎産業は,平成19年1月を目途に新たに有線テレビジョン放送事業会社(以下「新会社」)を設立し,QTNetは新会社に出資。
    • FTVは,有線テレビジョン放送事業のうち,営業権及び放送設備を新会社に譲渡。
    • FTVは,有線テレビジョン放送事業のうち,伝送路設備をQTNetに譲渡。

     これにより鹿児島市については,設立される新会社から放送サービスの提供を受けて,トリプルプレイサービスを実施します。

    【福岡地区】
     古賀市,前原市,新宮町については,福岡ケーブルネットワーク株式会社(本社:福岡市,代表取締役社長:北川文雄)と連携して同サービスを実施することとし,近日中に基本合意書を締結する予定です。

  •  来春のサービス開始に先立ち,平成19年2月にはお申込みの受付を開始する予定です。なお,サービスの詳細につきましては,お申込みの受付開始にあわせて別途QTNetよりご案内します。

  •  FTTH*は,来るべきユビキタス社会を支える基盤インフラと位置付けられており,今後,大きな成長が見込まれています。
     九電グループにおいてもインターネット接続サービス「BBIQ(ビビック)」は,情報通信事業の収益の柱になると考えており,「BBIQ光電話」に次いで,今回,3つ目のサービスとして,新たに「放送サービス」を加えることにより,BBIQの付加価値が高まり,更なる販売拡大につながるものと期待しています。
    * FTTH(Fiber To The Home):各家庭まで引き込んだ光ファイバを用いた高速大容量通信サービス
以上
(本件に関するお問合せ先)
九州電力株式会社 情報通信事業部  092-726-1872(直通)
九州通信ネットワーク株式会社 経営企画部 092-981-7291(直通)
岩崎産業株式会社 総務部 099-223-0112(直通)
福岡ケーブルネットワーク株式会社 総務部 092-201-1000(直通)
添付ファイル PDFファイル (別紙)トリプルプレイサービスの概要 (52KB)