ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成22年4月6日
九州電力株式会社

唐津市民交流プラザ(仮称)への寄附について


 当社は、本日、唐津市並びに佐賀県のご要請に基づき、唐津市が同市南城内(大手口街区)の旧まいづる百貨店及びバスセンタービルの再開発事業の一環として再開発ビル内に整備を進めています「唐津市民交流プラザ(仮称)」事業に対しまして、下記のとおり寄附を申込みました。

 唐津市民交流プラザ(仮称)は、唐津市が同市や東松浦圏域の皆さまの交流の場やまちづくりの推進拠点として整備を進めているもので、地域情報や防災情報を提供する地域放送局等の情報発信機能をはじめ、子育て支援等のNPO法人などの入居が予定されているほか、映画や演劇等が鑑賞できる多目的ホール、会議室などを設け、地域の賑わいを創出しようとするものです。

 佐賀県におかれましては「まちなか(市街地)再生」を地域振興に大きく寄与する施策として、総合計画の“充”点施策と位置付けて成功事例創出に取組んでおられ、本事業に対し積極的に支援されているところです。

 本事業は、唐津市・東松浦圏域の市民の文化交流拠点の形成を進めるとともに、地域放送の充実により災害等緊急時の迅速な情報提供を促進し、市民生活の安全性の向上に寄与するものとして、地元経済界も積極的に後押ししています。
 また、佐賀県は当社にとりまして重要な電源地域であることから、佐賀県の地域振興に協力することは同地域との更なる信頼関係の強化に繋がり、将来にわたる当社事業の円滑運営に大きく寄与するものと考えております。
 当社としましては、このようなことを総合的に勘案し、寄附することとしたものです。

 本プラザが地域の皆さまのまちづくり活動や文化活動の拠点として活用され、賑わい創出に大きく貢献する施設となることを期待しております。

寄附先 唐津市
寄附金額 5億円
寄附時期 平成22年度から概ね5年程度にわたり分割して拠出
別添資料 唐津市民交流プラザ(仮称)事業の概要
旧まいづる百貨店・バスセンタービル再開発の概要

以上
添付ファイル PDFファイル (参考)唐津市民交流プラザ(仮称)への寄附について (65KB)