ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
平成24年6月22日
九州電力株式会社

セーフティネットとしての計画停電の準備について


 当社は、今夏、大変厳しい電力需給状況となる見通しであることから、お客さまに7月2日(月曜日)から9月7日(金曜日)の平日(お盆期間8月13日から8月15日を除く)9時~20時において、一昨年の使用最大電力からマイナス10%程度以上の節電をお願いしております。

 このような状況のなか、大規模な電源脱落など、不測の事態により需給ひっ迫が予想される場合には、需給両面の対策を総動員し、需給ひっ迫による停電を何としても回避するべく最大限努力してまいります。

 それでもなお、供給力不足が改善されない場合の大規模停電を避けるため、万が一に備えた「セーフティネット」としての計画停電について、国と十分連携を図りながら検討をおこなってまいりました。

 このたび、「セーフティネットとしての計画停電の準備」について、取り纏めましたので、お知らせします。

 当社は、計画停電の実施を回避するため、今後も引き続き電力の安定供給の確保に向けて社員一丸となって取り組んでまいります。

以上
臨時受付センターは現在終了しております。
停電に関するお問合せの際は「営業所お問い合わせ先一覧」をご覧ください。