• このリンクをシェア
  • ツイート

災害時はここに注意

台風や地震などの災害は、いつ来るか分かりません。いざというときに慌てないよう、普段から家族みんなで災害の際の注意を確認しておきましょう。

災害が起きたら

切れた電線を見たら、すぐに九州電力送配電へ連絡を

断線した電線を見つけたら、絶対に触らずにお近くの九州電力送配電へご連絡をお願いします。

配電線:配電事業所お問合せ先一覧
送電線:九電ハイテック(保守委託先)お問合せ先一覧別ウィンドウ

避難するときはリミッター・ブレーカーを切って

設備に異常がなければ災害時も電気は送られてきます。スイッチの切り忘れによる火災などを防ぐため、分電盤のリミッター・ブレーカーは必ず切ってから避難しましょう。

「切れた電線を見たら、すぐに九州電力へ連絡を」のイラスト

電気使用再開時

使う前にきちんとチェック

傷ついたコードや高いところから落ちたり、水に濡れた電気機器は漏電のもと。電器店でチェックしてもらいましょう。

ガスの臭いがしたら電気も使わない

ガス漏れの危険があるときは、引火する恐れがありますので、電気は使用せず、ガス会社に連絡してください。

電気の使用は最小限に

災害の直後は電気が不足する場合があります。電気の使用は必要最低限にして頂きますようにご協力をお願いします。

「電気の使用は最小限に」のイラスト