法人のお客さま

  • このリンクをシェア
  • ポスト
(重要)電気料金の特別措置について

 2023年2月分~2024年6月分(2023年1月~2024年5月使用分)の燃料費調整単価については、国の「電気・ガス価格激変緩和対策事業」による以下の割引単価を差し引きます。料金割引の適用について、お客さまからのお申込みは不要です。
 なお、2024年2月分~6月分(2024年1月~5月使用分)の料金割引については、同事業の対象期間が5月使用分まで継続されたことを受け、実施するものです。

※ 高圧のお客さまのうち、契約電力が500kW以上のお客さまについては2023年2月~2024年6月使用分

割引単価(税込)
2023年2月分~9月分 2023年10月分~2024年5月分 2024年6月分
高圧のお客さま 3.50円/kWh 1.80円/kWh 0.90円/kWh

対象月分の電気ご使用量に上記割引単価を乗じて算定される金額が割引額となります。

契約種別:業務用電力A、契約電力:100kW、使用電力量:20,000kWhのご契約の場合、2023年10月分~2024年5月分の各月の割引額は、36,000円(=1.80円/kWh × 20,000kWh)、2024年6月分の割引額は、18,000円(=0.90円/kWh × 20,000kWh)となります。

(注)特別高圧のお客さまについては本事業の対象とされていないため、料金割引は行いません

「電気・ガス価格激変緩和対策事業」の詳細については、国の専用ダイヤルまたは資源エネルギー庁の特設サイト別ウィンドウにてご確認ください。

電気・ガス価格激変緩和対策事業 事務局

お問い合わせ窓口:0120-013-305

〔受付時間 9~17時(年末年始を除く)〕

燃料費調整制度について

火力燃料費(原油・液化天然ガス・石炭)の変動をできるかぎり迅速に電気料金に反映させるため、3か月間の平均燃料価格が基準となる平均燃料価格から変動した場合、その変動分に応じて電気料金を調整する制度です。

(注)燃料費調整の前提諸元(平均燃料価格、基準単価等)は、市場価格調整を適用しているお客さまと、適用していないお客さまで異なります。なお、現在市場価格調整を適用していないお客さまについては、契約更新に合わせ、順次、適用いたします。市場価格調整に関する詳細はこちらをご覧ください。

市場価格調整を適用しているお客さま

3か月間の平均燃料価格(円/kl)(100円単位)

電気料金の計算方法

電気料金 = 基本料金(税込)プラス 電力量料金(税込)プラスマイナス燃料費等調整額(税込)プラス 再エネ賦課金(税込)

燃料費等調整額(燃料費調整単価 かける ご使用量 プラス 市場価格調整単価かける ご使用量 プラス 離島ユニバーサルサービス調整単価 かける ご使用量)

燃料費等調整額は、燃料費調整単価、市場価格調整単価および離島ユニバーサルサービス調整単価にご使用量を乗じたものです。燃料費調整単価、市場価格調整単価および離島ユニバーサルサービス調整単価は毎月見直しを行います。

(注)市場価格調整制度については、こちらをご覧ください。
(注)離島ユニバーサルサービス調整制度については、こちら別ウィンドウをご覧ください。

燃料費調整単価(円/kWh)

  • 平均燃料価格が46,100円を上回った場合

    平均燃料価格が46,100円を上回った場合

    (注)小数点以下第3位で四捨五入します。

  • 平均燃料価格が46,100円を下回った場合

    平均燃料価格が46,100円を下回った場合

    (注)小数点以下第3位で四捨五入します。

基準単価:平均燃料価格が1,000円/キロリットル変動した場合の電気料金単価への影響額

基準単価:平均燃料価格が1,000円/キロリットル変動した場合の電気料金単価への影響額

(注)上記単価には消費税等相当額を含みます。

平均燃料価格 イコール A かける α たす B かける β たす C かける γ (100円未満四捨五入)

A : 平均燃料価格算定期間における1キロリットルあたりの平均原油価格
B : 平均燃料価格算定期間における1トンあたりの平均液化天然ガス価格
C : 平均燃料価格算定期間における1トンあたりの平均石炭価格

α:0.0028 β:0.1819 γ:1.0863
α、β、γは原油換算平均価格を算定するための換算係数(原油換算係数と熱量構成比によって算定される一定の値)

市場価格調整を適用していないお客さま

3か月間の平均燃料価格(円/kl)(100円単位)

電気料金の計算方法

電気料金 = 基本料金(税込)プラス 電力量料金(税込)プラスマイナス燃料費等調整額(税込)プラス 再エネ賦課金(税込)

燃料費等調整額(燃料費調整単価 かける ご使用量 プラス 離島ユニバーサルサービス調整単価 かける ご使用量)

燃料費等調整額は、燃料費調整単価、離島ユニバーサルサービス調整単価にご使用量を乗じたものです。燃料費調整単価、離島ユニバーサルサービス調整単価は毎月見直しを行います。

(注)離島ユニバーサルサービス調整制度については、こちら別ウィンドウをご覧ください。

燃料費調整単価(円/kWh)

  • 平均燃料価格が27,400円を上回った場合

    (注)小数点以下第3位で四捨五入します。

  • 平均燃料価格が27,400円を下回った場合

    (注)小数点以下第3位で四捨五入します。

基準単価:平均燃料価格が1,000円/キロリットル変動した場合の電気料金単価への影響額

(注)上記単価には消費税等相当額を含みます。

平均燃料価格 イコール A かける α たす B かける β たす C かける γ (100円未満四捨五入)

A : 平均燃料価格算定期間における1キロリットルあたりの平均原油価格
B : 平均燃料価格算定期間における1トンあたりの平均液化天然ガス価格
C : 平均燃料価格算定期間における1トンあたりの平均石炭価格

α:0.0053 β:0.1861 γ:1.0757
α、β、γは原油換算平均価格を算定するための換算係数(原油換算係数と熱量構成比によって算定される一定の値)

燃料価格と燃料費調整単価の関係について

燃料費調整単価は、貿易統計における原油・液化天然ガス・石炭の価格から算出される平均燃料価格により、毎月変動し、平均燃料価格が基準となる平均燃料価格を下回った場合は電気料金をマイナス調整、上回った場合はプラス調整を実施します。
過去の事例として、2022年度は世界的な燃料価格高騰の影響で、燃料費調整単価が上昇しました。

燃料価格と燃料費調整単価の関係について

(注)グラフは、高圧で市場価格調整を適用していないご契約のお客さまの燃料費調整単価です。
なお、2023年2~3月分については、国の「電気・ガス価格激変緩和対策事業」による割引を反映していない単価を掲載しています。

適用期間

燃料価格の実績をみる期間 燃料費調整単価の適用月分
1月1日〜3月31日 6月分電気料金
2月1日〜4月30日 7月分電気料金
3月1日〜5月31日 8月分電気料金
4月1日〜6月30日 9月分電気料金
5月1日〜7月31日 10月分電気料金
6月1日〜8月31日 11月分電気料金
7月1日〜9月30日 12月分電気料金
8月1日〜10月31日 翌年の1月分電気料金
9月1日〜11月30日 翌年の2月分電気料金
10月1日〜12月31日 翌年の3月分電気料金
11月1日〜翌年の1月31日 翌年の4月分電気料金
12月1日〜翌年の2月28日
(翌年が閏年となる場合は、翌年の2月29日まで)
翌年の5月分電気料金

燃料費調整単価等のお知らせ

当社は燃料費調整単価、市場価格調整単価、離島ユニバーサルサービス調整単価、平均燃料価格および平均市場価格を当社ホームページ等でお知らせするとともに、毎月の請求書等で燃料費調整単価、市場価格調整単価および離島ユニバーサルサービス調整単価をお知らせします。