事業概要

  • このリンクをシェア
  • ツイート

新小倉発電所

新小倉発電所写真

発電所の紹介

九州の表玄関として、古くから海陸交通の要所となった北九州市。関門海峡から玄海灘に沿って発展してきたこの都市は、1963年に全国で7番目の政令指定都市になりました。都心部に日本有数の工業地帯を形成する一方で、周辺を海や山など豊かな自然で囲まれ、小倉祇園太鼓をはじめとした伝統行事が、人々の暮らしのなかにしっかり根づいています。

この百万都市の中心地である小倉・日明地区に、新小倉発電所はあります。

当発電所は、九州電力では初めてのLNG専焼の火力発電所で、皆さまのご家庭や工場などに、安定した電力をお届けするため、日夜、努力をかさねています。

また、40万平方メートル(福岡ドームの約5.8倍)の敷地面積を持つ当発電所は25%以上を緑化し、緑豊かな環境づくりにも努めています。

発電所の概要


3号機 5号機
運転開始 1978年9月 1983年7月
出力 600,000kW 600,000kW
燃料 LNG

(注)1号機、2号機は2004年10月1日に、4号機は2022年3月31日に廃止しました。

PDFファイル燃料タンクの運用下限に関する考え方(133KB)
(注)需給ひっ迫を予防するための発電用燃料に係るガイドライン(2021年10月25日資源エネルギー庁制定)に基づき掲載

見学申込先

新型コロナウイルス感染予防対策のため見学受入を中止しております

〒803-0801 福岡県北九州市小倉北区西港町64番地1
電話番号 093-591-4060